ファクタリング比較の重要ポイント

subpage1

ファクタリング比較の重要ポイントは、手数料です。


ファクタリング手数料の相場は5%〜30%と言われています。つまり、しっかりと比較をしないと25%も損をする可能性があるということです。


日本では2社間ファクタリングのほうが主流ですが、3社間のほうを選ぶことも可能です。

ファクタリングの比較の情報が豊富です。

3社間では取引先企業の同意を得て、3社で契約をします。
取引先企業から直接ファクタリング会社に売掛金の振り込みがされます。



信用度が高い分、手数料は低めに設定されていて相場は1%〜5%程度です。


3社間のほうは取り扱いがない会社もありますので、そこも比較ポイントです。



基本的には手数料を重視して会社選びをするのがいいですが、悪質業者に騙されないようにしましょう。悪質業者は安い手数料で客集めをしていると言われています。

それだけならいいのですが、実際に店舗に行くとなにかと理由をつけて高金利の貸し付けを勧めてくるそうです。

そういった悪質業者は闇金が運営していると言われています。
少しでも怪しいと感じたら、その日のうちに契約をするのはやめてじっくりと検討してください。
悪質業者は考える時間を与えないことも特徴です。考える時間を与えてしまったら客が悪質だということに気付き、契約しないからです。まとめると、基本的には手数料重視でいいですが、悪質業者には注意してください。
ファクタリングを利用している人は追い詰められている傾向があり、即日契約を希望します。
そこに付け込む悪質業者もありますので、じっくりと比較検討することも大切です。