ファクタリング以外の資金調達方法と比較しよう!

subpage1

企業などが利用できる資金調達方法といっても、さまざまな選択肢が存在しています。

魅力的なファクタリングの比較を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

例えばファクタリングと別の選択肢では、比較するとどのような違いが存在しているのでしょうか。



違いを把握していくことで、状況に適した形で資金を調達しやすくなります。


例えば銀行融資と比較した場合、ファクタリングは審査が緩くて通りやすい傾向が見られます。
そのため銀行融資が通らなかった経験がある場合でも、資金調達ができないか試してみるのも1つの手です。
また審査スピードも速いので、急いで資金を調達したい場合にも適しています。

特に2社間の場合であれば、条件次第では即日で融資を受けるチャンスもあります。
一方で注意が必要な点が、別の選択肢と比較するとファクタリングは手数料が高めという点です。


銀行や公庫などの貸出金利や私募債の発行に伴う資金調達コストよりも手数料が割高になります。



具体的にどのくらいの金額の違いがあるのか把握したうえで、計画を立てるというのもポイントの1つです。
さらに別の方法と比較したファクタリングのメリットには、銀行融資とは異なり負債を増やさずにバランスシートに影響しないという点があげられます。売掛債権だけではなく過剰な在庫品も買取の対象となるので、保有資産を有効できる可能性があるのもポイントの1つです。ただし銀行融資のようにレバレッジが効かないので注意しましょう。
メリットやデメリットを比較しながら、状況に合わせた形でファクタリングなどの資金調達方法を利用することが大切です。